2015年10月  おんがくしつトリオとクッキーハウスのこと

 

 

 

先日開催された「おんがくしつトリオ スペシャルライヴ in 大阪」に、
前座としてクッキーハウスで出演させていただきました。

前座とはいえ一つのイベントに共に関わることにより、沢山の貴重な体験を
おんがくしつトリオさんと分かち合うことが出来ました。
何より、おんがくしつトリオさんと一緒にステージが出来たことが純粋に嬉しかった!
そして終演後の打ち上げでも様々な情報を交換し、
互いの友情を確認しあい、
とにかく何とも楽しいひとときでした。

 

おんがくしつトリオさん。
また絶対、ご一緒しましょうね!

 

ここから、本題。

おんがくしつトリオとクッキーハウス、
「リコーダーと鍵盤ハーモニカ」という共通項はあっても
伝えたいこと、伝わるものは全然違います。

語弊を顧みず、お客様からの声をまとめると、
「おんがくしつ=スゴかった! V.S. クッキー=楽しかった♬」
「おんがくしつ=大人向け V.S. クッキー=子供向け」
「おんがくしつ=聞き惚れた V.S. クッキー=観客との一体感あった」
と、こんな感じでしょうか。

 

樹は、上へ上へと伸びます。
しかし同時に幹は太く、根は深く広がります。

 

リコーダーや鍵盤ハーモニカの持つ
「可能性、未来、そしていろいろなもの」を、
これらの楽器に関わる者として、
責任と使命を感じつつ、
ともに精進していきましょう!!
20151011on

関連記事