BOW通信 Vol.05

『BOWプロジェクト』5週目です!

前回、ピアノ経験者の方が鍵ハモを始めるケースが多いというお話を少ししました。

私も例外ではありません。

同じ鍵盤楽器として分類するなら、特に不思議な事ではありません。

しかし、それが大きな「落とし穴」であるというのが今回のお話です。

その「落とし穴」とは決して悪い意味ではなく、「やってみて始めて気付かされる」というニュアンスです。

 

では、具体的に何が違うのでしょう?

多くのピアノ経験者が感じているその違いは、、、

 

ズバリ「発音原理の違い」ではないでしょうか。

 

簡単に言いますと、

  • ピアノは弦を叩いて音を鳴らす
  • 鍵ハモはリードを震わせて音を鳴らす

という違いです。

この、楽器としての根本的な違いが、鍵盤をまとう事によって、さも似たようなモノのように思えてしまう

何とも恐ろしいですね。

例えば、どれだけ指さばきに自信があったとしても、音を鳴らす点ではゼロからのスタートという事が起こるのです。

この違いを「苦」と感じる方もいるかも知れませんが、前回の演奏スタイル同様、今までの固定概念を捨て去って、経験・未経験関係なく、フレッシュな気持ちで鍵ハモを楽しみましょう♪

ということで5週目の曲
『Growing Heart(膨らむ想い)』をお聴きください!

(文責 杉本徹)

 

 

 

2016-04-07 | Posted in BOWプロジェクトNo Comments » 

関連記事