BOW通信 Vol.08

『BOWプロジェクト』8週目です!

 

どんな楽器でも共通して言えるのが、
力任せに音を出すのは好ましくないという事です。

鍵ハモも同じで、私が最もこだわっている点でもあります。

その理由としては、鍵ハモを力任せに吹くと、いわゆる「子供が吹いた時の音」になるからです。

別にそれがダメというわけではないのですが、自分が思う鍵ハモらしい音楽には適していません。

また、そういう音を出す事で「子供の使う楽器」というイメージをさらに強めてしまうからです。

鍵ハモの繊細で優しい音色は、表現の幅をグッと広げ、決して「子供が吹く」だけではない
「れっきとした楽器」だと言える大きな要素のひとつだと思います。

 

さて、ここからは奏法の話です。

鍵ハモで弱い音を出すのは、たいへん難しいです。

弱く出そうとするあまり、ハナから音が出なかったり
伸ばしていても途中で途切れてしまったりします。

皆さん色々と工夫なさってると思いますが、

ここでは「トオル式」の弱い音の出し方を公開します。

 

↓下図は口元の断面図です。

danmen

 

このように、唄口の下の部分に下の歯を当てて
空気の通り道を半分くらいの狭さにしています。
(※唄口を噛んでるわけではありません。)

これにより抵抗が増すため、吹き込む息の量をさほど気にせず、しかも一定の圧力で、弱く長い音が吹き続けられるのです。

この状態でも強い音は出せるので(むしろいい感じに)特にポジションをチェンジする必要はありません。

唄口を長く使っていると、歯に当たる部分が削れてきて
どんどん自分の口の形にフィットしてきます^^

逆に新品の時の吹きにくさは半端ないです^^;

 

いかがでしょうか?

「知ってた」とか「自分はこうしてるよ」などなど、
弱い音についての情報があれば、ぜひ聞かせてください!

 

では、そんな鍵ハモの繊細で優しい音色の世界に、
この『もういいかい』という曲で存分に浸ってください♪

(文責 杉本徹)

 

 

 

2016-04-28 | Posted in BOWプロジェクトNo Comments » 

関連記事