BOW通信 Vol.12

『BOWプロジェクト』12週目です!

 

とりあえず目標の12週連続アップは達成しました!

一度でもご覧くださった方、
ありがとうございますm(__)m

 

連続アップはここからしばらくお休みにして、
いよいよ、これまでの12曲を曲集として販売するための最終調整に入りたいと思います。

 

その前に、このBOW通信vol.12では、
『BOW』が犬の鳴き声という意味だけではなく、他にも意味があるという事についてお話しておきます。

 

『BOW』は故マイケル・ジャクソン氏の楽曲
『Black or White』の頭文字を引用しております。

 

詳細は割愛させていただきますが、彼がこの楽曲を通して伝えたのは、偏見を持つ事の無意味さや愚かさです。

彼は歌詞やパフォーマンスでそれを世界に発信しました。
(ご興味ある方はPV(完全版)を見てみてください)

 

大げさな話と思われるかもしれませんが、
『BOW』はその精神を引き継いで発信しています。

 

音楽をする人が、音楽や楽器に対して偏見を持ってしまうのは
とても悲しい事です。

そうなってしまわないためにも、
発信する側は十分気をつけなければなりません。

 

「黒か白か」を示すのではなく、それは無限にある中の
たった2色である事を示す事が大切ではないでしょうか。

すべての人が、その「無限」の中から自分らしい色を見つけ出し、心から音楽を楽しめる事を切に願います。

 

 

今回、鍵盤ハーモニカと改めて向き合い、
まだまだ楽器としての柔らかさを感じました。

「吹く人が自由な形で楽しめる」

これこそがこの楽器の良さであり、完成形なのかもしれませんね。

 

 

『BOWプロジェクト』は、そんな鍵ハモの楽しみ方を
これからも提案すべく、続けてまいりたいと思います。

節目である12週目の曲は、BOWが一旦家に帰るという事で
『Homeward Journey(家に帰ろう)』をお送りします♪

(文責 杉本徹)

 

 

 

【ツネオの ”ウラBOW通信” 】

ツネオです。
あ、ちなみに私の知ってるマイケルの『Black or White』の完全版PVは、
約11分あります。これが完全版なのかな?

 

「偏見」について、人種や団体における問題等々、大視点で考えることはとても大事なことです。

ただ、世界はとても大きなスケールのものから、とても小さな事象までが 
無限に連続する曼荼羅のように入れ子になっています。

 

アーティストは皆本気で「世界を(ほんの少しでも)変えたい!」と思っているはずですので、
(少なくとも私は本気で思ってます。)

アーティストとして自分が
「どんなスケール感で(何を、誰に向けて)発信するか」

ここのボリューム調整が、とても重要だと思うのです!!

マイケルはマイケルなりに。
私は、私なりに。

 

 

私が杉本徹同様、日頃から意識しているのは
「音楽と楽器に対する偏見」です。

 

コンサートホールで聴く、大編成オーケストラによるクラシックと、
天気のいいどこかの公園で流れてくる、クッキーハウスのアニメソング。

種類・内容・質の違いはあるでしょうが、優劣なんて、あるのでしょうか?

 

百万円以上もするピアノやバイオリンと、
数千円の鍵盤ハーモニカやリコーダー。

知らず知らずのうちに、決めてませんか?

どっちがいい楽器とか、
スゴいとか、
偉いとか。。。

 

多くの子供が小学校1年生で鍵盤ハーモニカ、3年生でリコーダーをはじめます。

タンギングやドレミの位置、指遣いのお勉強・・・そして卒業?

音楽に卒業なんてあるんですか?
リコーダーや鍵盤ハーモニカは、「卒業する楽器」なんですか?

そもそもリコーダーや鍵盤ハーモニカって、
「教材」なんですか? それとも「楽器」なんですか?

 

おっと、私は今の学校教育を否定なんてしていません。

否定は新たな「偏見」を生むだけです。

もしかしたら「音楽は楽しい」というのも、偏見かも知れません。

教室を飛び出して、かけっこしたい子供も当然いるでしょう。。。

 

大事なのは、「知ること・やってみること」ではないでしょうか?

もしよろしければ、まずはクッキーハウスの演奏をナマで見て(きいて)下さい。

そしてやってみたくなったら、、、

『BOW』の楽譜にチャレンジしてみてください!
(楽譜、しばらくお待ちください。。)

リコーダーについては、こんな企画もあります。

「吹いてみよう!リコーダー♫」企画について

 

私もまだまだ知らないことがいっぱいあります。

もっと知りたい! やってみたい!!

クッキーハウスやBOWの挑戦は、まだまだ続きます。

(文責 小西恒夫)

 

 

 

2016-05-28 | Posted in BOWプロジェクトNo Comments » 

関連記事