東京ワンマン2016振り返り

文: ツネおにいさん

 

2016年8月のクッキーハウス東京ワンマンライヴから、
早いものでもう一ヶ月以上が経ちました。

改めまして、まずはライヴにお越し下さった全てのお客様に、
この場をお借りして今一度、厚く御礼申し上げます。

当日は大変暑い環境の中、長時間窮屈な思いをさせてしまいました。
その他、至らない点も多々ありました事、
ただ、深くお詫び申し上げます。

そして今回のライヴの開催にご尽力いただいた
ピアノニマスさん! ちいたろうさん!

お二人がいなければ東京公演は絶対に実現不可能でした。
本当にありがとうございました。

 

お越しいただいたお客様と共有できた事・出来なかったこと、
そして我々自身のフィードバック等々等々・・・。
書きたいことは山ほどありますが、
ここでは涙を飲んで割愛させていただきます。

 

 

 

 

樹は高く伸び、その先端は尖っている。。。

一年ほど前のブログ「クッキー生活」に、
私はそのような事を書きました。

 

どんな楽器にも先鋭的奏者がいて、「シーンを牽引」しています。

そういう人が必要不可欠なのは言うまでもないし、
そういう人の活躍を私は心の底から尊敬し、賞賛します。

でも、想像してみてください。

クリスマスツリーの頂点に、ピカピカと星が(☆)輝いていて、
みんなが、その星(になること)を目指し、頑張っている。
少なくとも「やるなら☆を目指す」のが常識(前提)となっている。。。

みんな何故、上しか見ないのでしょうか?

なぜ「枝葉をもっと豊かに」という発想、
つまり「音楽をもっとフレンドリーに」という発想が
ほぼ皆無に等しいのでしょうか?

 

 

 

私が、いえクッキーハウスメンバー全員が
一年前に東京で感じた気持ち。

「とにかく自分たちがやるしかない」という気持ち。。。

 

アウトプットまで一年間かかりました。

 

そしてこれは一つの出発点でもあります。

今後さらにクッキーハウスは「自分たちらしく」、

「クッキーハウスでしかできないこと」を、

皆さんに向けて発信し続けます!

 

どうか応援よろしくお願いいたします。

 

20160807tokyo01

 

関連記事