オンライン時代のライブと集客(4)

ツネおにいさん
ツネおにいさん

ども!ツネおにいさんです。
今回は順番が前後しますが、ひとまず連載4回目の分からアップします。
では張り切って行ってみましょ〜う!

集客の目的とは

ここまでは「オンラインを良く理解し、コンテンツ(音楽番組)として伝わる精度を上げましょう」というお話でした。

集客以前のお話です(笑)

でも、あたりまえですよね。リアルでもオンラインでも同じこと。

  1. 演奏そのもの、ライブそのものをちゃんとやる
  2. 共有・伝達環境を整える
  3. そして集客   です。

で…いったい「何故、集客したい」のでしょうか。

人によって答えは違っていていいと思います。「お金」と言い切るのも一つのポリシーです。とにかく「今回のライブで集客したい目的」として、一度明文化してみましょう。これにより自分が(今回のライブで)何が一番大事と思っているのかわかりますし、それが解ると「ライブの伝わりやすさ」も大きく変わってくる筈です。

アーカイブの運用について

さてこの(オンラインライブでの)「集客の目的」が明確化すれば、「アーカイブの運用をどうするか」についても、見えてくると思います。

具体的な運用の選択肢は

  1. アーカイブなし
  2. アーカイブを公開(誰でも見られる状態)にする
  3. 限定公開(リンクを知らないと見られない)
  4. 一定の期間(1週間とか)のみ公開

などですが、オンラインライブをこれから定期的にやるのか、有料にするのか、それとも宣伝(プロモーション)と振り切って考えるか…発信者側は様々な可能性を考えて運用判断することとなります。

そんなクッキーハウスの「立春直前配信ライブ2021」ですが、今回は

「配信ライブでファンを増やす」

ことを目標に、今回のライブを頑張ってみたいと思います。

応援よろしくお願いします♫